デジタルオーディオプレーヤー

タイトルから分かるとおり、携帯音楽プレイヤーに代表されるようなオーディオ機器の事を指している。筆者もMDプレイヤーからずっと愛用してきたが、今ではそんなMDやらを使っていた時代が懐かしくなる。そんなに時間が流れているわけではないのに、不思議なものである。

筆者はSONY製のWALKMANを使用しているが、中にはiPhoneやスマホなどから音楽を聴いているなど、幅は広いだろう。

正直な話、音楽データをそのまま機器に転送しているということは大まかには理解できているが、詳しい仕組みに関しては正直把握しなくてもいいことかもしれないが、この際なので説明していこうと思う。

仕組み

音楽ファイルを記録する電子媒体、複数のファイルを管理するファイルシステム、音楽ファイルを再生するデコーダー、音声を出力するアンプ、操作ボタンなどの操作系、バッテリーにより構成されている。

ほとんどの機種では液晶パネルなどの表示装置を搭載しており、再生中の楽曲タイトルやアルバム名などの情報を表示することが出来る。また低価格機種の中には表示装置を持たないものもある。しかし中には転送時にこうした音楽情報が出ないようなときもあるので、その時は自分で行進しないとどこに何のデータがあるのか分からなくなってしまうので、注意したい。筆者はこれで何度も泣いたものである。

記録媒体としてはフラッシュメモリ、またはハードディスクドライブを使用している。フラッシュメモリを使用する機器では、プレイヤーにメモリを内蔵するタイプと、SDカードなどのメモリカードを使用するタイプがある。ハードディスクではごく一部を除いて機器に内蔵するタイプとなり、2011年1月時点で、フラッシュメモリ内臓タイプは主に64GBまでの小容量のものから、ハードディスク内臓タイプは主に80GB以上の大容量のものといった感じに展開している。

音楽ファイルを管理するファイルシステムでは、古くからは独自のファイルシステムを使用し、データの書き込みに専用アプリケーションソフトウェアを利用するものが多かった。近年では特定の環境に依存せずに使えるUSBマスストレージクラスに対応し、FAT16やFAT32などのパソコンで広く利用される汎用ファイルシステムを採用する機種が一般的である。

現在のデジタルオーディオプレイヤーでは、音楽ファイルの転送方法としては以下のようなものが主となっている。

  • 専用の転送ソフトでのみ転送可能なもの
  • 専用ソフトを必要とせず、エクスプローラなどのファイル管理ツールからファイルが転送できるもの

これらは操作性に大きく影響する部分であり、仕組みの違いにより混乱しやすい部分である。

iPod、ウォークマン、SD-Audio、Gigabeatなどは前者に属し、著作権保護のため転送したファイルには暗号化などの保護処理が行われる。このタイプのプレーヤーは、特定のパソコン用アプリケーションの専用周辺機器と考えるとわかり易く、使用には必ずパソコンと専用ソフトが必要になる。また、保護処理を行っているのでプレーヤーに転送したファイルは、MP3などのファイルも含めて、通常、プレーヤーから取り出すことができないようになっている。したがって、プレーヤーに転送したからといってむやみにパソコン上にある音楽ファイルを削除してはならない。また、暗号化するため転送に時間がかかりやすく、転送ソフトの負荷も大きい。

後者のタイプのプレーヤーは、MP3ファイルや、DRMを施していないWMAなどのファイルをUSBストレージの普通のデータファイルとして格納する。特定のアプリケーションの周辺機器ではないので、FATファイルシステムで特殊な処理なしにファイルの転送が可能な機器であればパソコンを必要としない利点がある。

また、USBストレージにある音楽ファイルを再生可能なUSBホスト機能をもつアンプ、ミニコンポ、ラジカセ、メディアプレーヤー、ポータブルDVDプレーヤーなどの機器に接続して、これらの機器のリモコンなどからの再生も可能である。尚、音楽販売サイトから買ってきたDRM処理のほどこされた音楽ファイルは、転送しても暗号化された意味不明なデータファイルのためプレーヤーが正常に再生できない。このため、前者と後者の両方の特性をもつプレーヤーも販売されている。MP3ファイルやDRM処理されていないWMAファイルは通常のデータファイルとしてエクスプローラからも転送可能で、DRM処理されたファイルのみWMPなどのソフトから転送する。国内メーカーの製品ではシャープ、JVCケンウッド、JVCケンウッド、SANYO、ウォークマン、Giganeatなどのプレーヤーの一部の機種に見られる。

USBマスストレージクラスにも対応することで、接続するだけで外部ストレージとして認識するものもみられる。後者のタイプのプレーヤーはこの機能をもつ。前者のタイプのプレーヤーでもUSBストレージとして使用できるものもあるが、音楽ファイルを普通のファイルとして転送してもプレーヤーが認識せず、音楽ファイルは再生できない。それゆえ、前者のタイプで異なるメーカーのプレーヤーを併用する場合は、楽曲をそれぞれの専用ソフト・それぞれの暗号化されたファイル形式で多重管理することになってしまう。

また、異なるメーカーのプレーヤーに乗り換える場合、暗号化された楽曲ファイルは乗り換え先に持ち出せない可能性が高い。その点、後者のタイプであれば、複数の異なるメーカーのプレーヤーを併用したり、乗り換えたりすることが容易である。

プリンターを買い換えたい貴方へ

利用方法

利用方法としては、MDやカセットなどの媒体からパソコンなどを使ってファイルに変換するリップング作業を行い、その上で出来上がったファイルをパソコンに接続し、書き込むのが主だ。

近年では歌謡曲や洋楽・懐メロなど幅広く商品を取り揃えたダウンロード販売などを行なうサイトを利用することでファイルを入手することも増えている。2005年ごろにはポッドキャスティングの形で、最新歌謡曲やヒットソングまで様々な優勝・無償のサービスが展開されるようになる。

他にも街角やコンビニに設置された情報端末から直接データを購入できるサービスも始まっている。そのほかには多機能化機種では、内蔵されたラジオからの録音・再生にも対応している製品も出始めている。

容量の増加で1000曲を超える音楽データを収めることも出来るので、その中ならそのとき聞きたい曲を探すといったことも1つずつ探すのはかなりの手間となる。そんなこと悩まず、気に入った曲をプレイリストに指定することで、記録して画面に表示して好きな曲を選曲することも出来る機能を備えている機種も多く出ている。

さらには歌詞を表示したり、写真の表示も出来るといったような付加機能も備えている。

電池は内臓二次電池と乾電池を使うタイプの2種類がある。前者ではパソコンそのものを充電器として利用できる他、外付けバッテリーが利用できるタイプのものもある。校舎では、乾電池を使う一般的な機器に比べると消費電力がやや大きいにも関わらず、単四型電池1本しか利用できないものが圧倒的であり、これ以外の音楽プレイヤーに比べると電池切れが早い製品も少なくない。

ニッケル・水素蓄電池のような高機能電池も利用できるが、主な乾電池型二次電池の電圧が、乾電池の1.5Vに対して1.2Vと低い為、使用するプレーヤーによっては、プレーヤーの電池残量計が早めに電池切れと判断し、乾電池を使用した時よりも電池の持ちが悪くなる事がある。

音声入力をもたないカーオーディオ機器などでデジタルオーディオプレーヤーの音楽を聴けるように、FMトランスミッターを内蔵するプレーヤーもある。また、外付け用のFMトランスミッターも多く発売されている。これは、再生音声をFMラジオの電波で飛ばすもので、FMラジオをもつカーオーディオやラジカセ・ミニコンポで受信して聴くことができる。室内でも、手元にプレーヤーを置き、わずらわしいケーブル配線などをせずにワイヤレスで室内の離れたところに設置された音響機器で再生するといった使い方ができる。ただし電池の持ちに関しては構造上あまり芳しいとは言いにくいため充電しながらの利用になることも多い。

またカーオーディオ分野にも、デジタルオーディオ対応プレーヤーの増加が見られる。古くはCD-Rに焼き付けたMP3再生にのみ対応していたが、次第に各種フォーマットにも対応してきた。さらに、近年のDVD普及により、音楽ファイルを焼き付けたDVD-R等を再生できる機種も、JVCケンウッドから登場したほか、音楽CDを自動的にリッピングして内蔵ハードディスクに保存する機能を持つものもある。また、USBメモリ用のコネクタ付きモデル、iPod専用コネクタ付きモデルも登場。年々対応機種は増加している。なお、いずれの機種も年々価格が下落しており、自動車の標準装備となる日も近いとする意見もある。

さらに近年では、Bluetoothに対応したデジタルオーディオプレーヤーも登場した。Bluetooth対応のヘッドホンやオーディオ機器と組み合わせて、ワイヤレスで音楽等を楽しむことができる。Bluetoothを内蔵するプレーヤーは少数であるが、外付け用のBluetoothトランスミッターも多く発売されており、トランスミッターを介することでBluetoothに対応できる機種は数多く発売されている。

PC周辺機器を検索! 引っ越す予定がない?では話だけでも聞いていきませんか?それにいざとなった時には、不動産の知識を持っておくのも有効ですよ?ではでは、こちらで詳しくお話しましょう!! 。道行くそこのあなた、鉾田市 不動産で今後の新しい物件を探しませんか?もしお悩みの最中でしたら、鉾田市 不動産にお任せあれ!地域密着、近隣周辺の施設に関する情報、さらには何かと気になる医療施設等など、あなたの暮らしにとって最も必要な情報を全て提供して、あなたの今後の暮らしの役にたつような鉾田市を含めた物件、紹介します 。