デジタルフォトフレーム

デジカメで撮影した画像をプリントアウトして保存するのもいいが、世界的な資源を節約するために何かできないか、という大義名分を掲げる人は中々いないと思うが、そんな人におすすめなのが『デジタルフォトフレーム』という、デジタル写真の表示に特化したディスプレイだ。

撮影したデータを表示する専用の情報機器で、基本的にはそれ単体で完結した製品ではあるが、前提として内蔵された記憶装置かメモリーカードなどに画像データを記録する必要があり、その意味では他の情報機器と連携師弟使用することになるものだ。

JPEG画像などのパーソナルコンピュータで扱える画像データ形式に対応することから、撮影機器からだけでなく、インターネット経由などでパソコンに取り込んだ画像データも扱うことが可能となっている。

複数の画像データをスライドショー形式で一定時間切り替えることが可能なため、従来のフォトフレームにはない利便性がある。

これらの機器は『デジタル写真用のフォトフレーム』という位置づけから、写真たてのような外観を持つ製品が一般的だが、携帯機器として製品も販売されており、内部的には情報処理機能を持つコンピュータとしての機能を持っており、これを駆動させる電源を必要としている。多くの据え置き型製品ではACアダプターから、携帯型の者では充電式内蔵電源や乾電池などから電源を得ている。

画像データを蓄えている内部記憶装置かメモリーカードからのデータを呼び出して前面の表示装置に映し出すが、メモリカードを使用する機種ではそれらに対応したメモリーカードスロットを持ち、またそれ以外でもUSBソケットを持ち、USBメモリなど他の形態の記憶媒体に対応した製品も販売されている。またBluetoothに対応して無線通信でデータをやり取りできる製品や、無線LANでコンピュータネットワークに対応した製品、更には移動体通信端末としての機能を持つ製品など様々な製品が出回っており、多機能化も目覚しい。

こういった多機能化の一方では、静止画像のみならずMP3などの音声データや動画やアニメーションに対応する機種もあり、またデジタル写真以外にも時計やカレンダーを表示する機能など、様々な付加価値の付与が行われている。こういった傾向ではデジタルメディアプレーヤーと曖昧化する製品も見られるが、携帯型DVDプレーヤーやデジタルメディアプレーヤ・デジタルオーディオプレーヤー・携帯電話など様々なジャンルの製品の内にも、

プリンターを買い換えたい貴方へ

主な発売業者

国内

  • 富士フイルム - 国内後発組の一社で同市場大手。写真系企業では唯一、同社が参入している。ディスプレイサイズは一般的なスチルカメラの写真サイズのものが多く、商品ラインナップもJPEG画像のみ再生のものが大勢を占める。
  • ソニー - 古参メーカー。前述の通り一時期撤退を余儀なくされたが10年近くのブランクの後に再参入。現在ではPSPでも標準となったメモリースティックやUSBメモリ対応商品を続々投入。多くの取扱店舗で最低1-2商品は取り扱っているとみられる。
  • 加賀ハイテック - 加賀電子グループ。コダック製のものを英語版のまま輸入発売。当初メモリースティックはDuoシリーズ非対応であったとされるが、ソニーも純正の取扱商品を現行のDuoシリーズへ徐々にシフトしつつあるため、急遽Duoシリーズ対応商品に切り替えている。
  • 日本サムスン - サムスン電子ほか、サムスングループの日本法人。
  • パイオニア - オーディオ・車載関連機器の国内大手で、同分野では後発メーカー。機能はおおむね最小限に抑えられている。
  • バッファロー - パソコン周辺機器関連メーカーの持株会社・メルコホールディングスの事業子会社。パソコンの部品や周辺機器(USB関連デバイス等)がメインであるが、同分野にも進出している。

海外

  • Kodak - 同市場で世界トップ級の解像度技術やシェアを擁する世界的メーカーの一社。国内では加賀ハイテック内のコダック推進部から企画発売(詳細は前述参照)。
  • サムスン電子 - 韓国最大手の電機メーカーにして同国における代表的なメーカー。

 

PC周辺機器を検索!